屋根塗装、外壁塗装、遮熱塗り替え、塗り替え工事は松本市の中島塗装店へ

qrcode.png
http://www.naka-paint.com/
モバイルサイトにアクセス!
株式会社中島塗装店
〒390-0835
長野県松本市高宮東3番13号
TEL.0263-25-1915
FAX.0263-25-0520
004475
 

塗装について知ろう!

  • ホーム  > 
  • 塗装について知ろう!
 

家を守る大事なパートナー

家を守る大事なパートナー
 
家を守る大事なパートナー
「家の外壁の汚れが気になる…。」

そんな思いを抱いていながら、「わざわざ塗り替えるほどでもない」と、そのままにしておられる方も多いと思います。

一般的に外壁の塗り替えは10年に一度ぐらいが目安と言われていますが、何もせずただ放置を続けていると、さまざまな問題が生じてきます。

 実は、塗料の役割は、「家を美しく見せる」ということもあるのですが、本当に大切なのは「家を守る」ことにあります。
 

塗料選びの重要性

塗料選びの重要性
 
塗料選びの重要性
風雨・紫外線・排気ガスなど、汚染の原因となるさまざまな物質は、単に家を汚すことだけに問題があるわけではありません。

外壁表面の塗装がはがれた状態、つまり直接紫外線にさらされる状態のまま放置しておいた場合、セメント自体の強度に影響が出てきます。

トタンなど素材の薄いものに至っては、すぐに穴が開いてしまう危険性さえあるのです。

家を塗り替えることは、見た目の美しさはもちろんのこと、家そのものを守ることにつながるのだと言えるでしょう。

塗料の選び方を間違えると、塗装後の強度や仕上がりの美しさに大きく差が出てしまいますので、塗り替えに失敗しないためにも、塗料の選び方のポイントをしっかりおさえることが重要です。

そうはいっても、それぞれの状態によってメンテナンス方法や適切な塗料は変わってきます。

それぞれの塗料の特性やメリット、デメリットを熟知した業者を見抜けるかどうかが後悔しない為に重要だといえます。
 

塗り替え時期ではないですか?

塗り替え時期ではないですか?
 
塗り替え時期ではないですか?
建物をお持ちであれば、リフォームが必要な時期がきます。
より安くやりたいのであれば、なるべく早い時期にすることですが、そうはいっても新築から2~3年で塗り替える方はほとんどいないでしょう。

では、いつぐらいがいいのでしょうか?
新築の場合、外壁塗装は低価格のアクリル樹脂が多いのですが、アクリル樹脂の吹き付けタイル、弾性タイルなどは艶がなくなるのが約3年~5年程度です。

また、外壁を指でこすることでも確認できます。
外壁に指のこすった跡が付き、指先に色が付きますが、これをチョ-キング現象といいます。

その他には外壁に割れ目(クラック)がはいったりします。
割れ目(クラック)にもいろいろあり、塗装面のみ割れていることもありますし、構造クラックなどの躯体自体に入ってしまうこともあります。

漏水等などの原因は構造クラックの方で、この場合早急な補修が必要です。

簡易的な方法であれば、シーリングでクラックを埋めます。見た目によくありませんが、とりあえずは漏水の心配はなくなります。

塗り替えの時期ですが、新築後10年~15年程度が一般的です。

塗り替えといっても下地の状況によって様々で、モルタル壁の場合はクラック以外に欠損や浮きなどいろいろあります。

見た目上、問題なさそうでもモルタルのクラック・浮きなどは、後々の剥離の原因になりますし、壁自体が十分な強度が確保できませんので、地震などで壁が崩壊してしまう可能性があります。

樹脂注入などで空洞・クラックを埋めてしまわないといけません。

浮きの場合、壁の内部に空洞が出来るので、壁をたたくと反響音がしますのでわかります。

信頼できる地域の塗装屋さんに定期的にチェックして頂くことをお勧め致します。
 

 

塗装のことなら、(株)中島塗装店にお任せ下さい!

〒390-0835
長野県松本市高宮東3-13
TEL:0263-25-1915
FAX:0263-25-0520

お気軽にお問い合わせ下さい。

 
 
<<株式会社中島塗装店>> 〒390-0835 長野県松本市高宮東3番13号 TEL:0263-25-1915 FAX:0263-25-0520